FFマニアアズのMP日記

やりこみに疲れたアズのゆるい制限プレイ攻略ブログ。たまにペットと仕事。

MP日記 FFT編 第8回 キュクレイン攻略

目次

Chapter2、利用する者される者、4

チャプター4まで、と思えばもう折り返しですね。

このゲームはやろうと思えばチャプター1で無敵になれたり、年齢がすごいことになったり、逆に妹より年下になったり、自由ですね。

だからね、簡単に進めちゃう今の遊び方でも良いよね。
良いはず。

ライオネル城城門前

連戦です。
不安ならセーブを別にしておきましょう。
低レベルクリアでは無い今、その必要は全く無しですね。

1人と4人に分かれて出撃です。
1人は必ずラムザです。

ラムザが29−0、見習い戦士ならものまね士にも、ムスタディオとアグリアスのおこぼれ係としても意味が有りますね。
回復の為に、チャクラしか無いですが拳術で行きます。
アズは26−0、ちょっと差が付きました。
現在算術士にリーチなので時魔道士に白魔法。
ムスタディオ22−0、経験値0が3人も。
陰陽士で話術士へ向かいます。
アグリアスは13−97なのでナイトで、可能な限りアグリアスを上げて行きます。
アリシアは竜騎士にして、一応ラムザの侍を出しておきます。

ガフガリオンとの1対1(?)

ラムザが低レベルの場合を想定しまして。
ゲームオーバーにならないように、必ずレイズの届く位置へ移動します。

f:id:as310mp:20210123112411j:plain

こんなこと言ってますが、門の反対側から魔法で倒してしまいましょう。

他の手、としますと、ボコから産まれた黒チョコボで飛ぶことも出来ますし、時魔道士を上げておけばテレポで逃げることも出来ますね。

さらには、エールとスピードブレイクを駆使して攻撃範囲に入らず逃げ回る、なんてのも良いですね。
ガフガリオンは遠距離範囲攻撃なので難しいですが。

ガフガリオンには悪い気もしますが、1対1をする必要は全く無いです。
カウンター有り、HP吸収有りで、ただの殴り合いをしては負ける可能性が有りますからね。

普通なら、ですが。

格闘忍者で殴り合いして負けるはずが無いですからね。


4人のほうでは、召喚士に最初だけ注意。
全員に当たる、なんてことの無いようにすれば、すぐにMP無しの召喚士です。
相性が怖いので、レイズ、蘇生等は2人以上用意しておいたほうが良いかもしれません。

魔道士がラムザの援護、他のメンバーが魔道士の援護、と出来れば勝ちです。

ガフガリオン倒したらクリアでは無いおかげで稼げるステージです。
無力化した召喚士を無視してちょっと稼ぎました。
ちょっとかな、アグリアスのレベルが8上がりました。
時間の許す限り稼げてしまいますね。

ライオネル城城内

チャプター2最後です。
稼げる雑魚がいませんのでさっさと終わらせます。
ただ、次の為にレベル上がりそうな3人は必ず上げてから終えます。

ラムザ29−97、忍者、格闘です。
アズは26−99で召喚士に。
召喚で倒す、なんて気持ちはもちろん無しです。
算術士にジョブチェンジ可能ですが、成長には使いませんし、スピードが激減するのでJpが稼げるステージでしっかり上げます。

ムスタディオは22−99で白魔道士に。
アズとムスタディオは、眠った仲間を殴って起こす為の武器は弱めの魔道士です。
属性ロッド等を持つと起こす為に殴ったのにダメージ出ちゃう時が有るので注意。

アグリアス21−0、ホーリーナイトに。
稼げるかどうか分かりませんが、一応です。
アリシアに代わりましてラヴィアン、26、竜騎士で行きます。

不浄王キュクレインを倒せ!

初めてのHP不明なボスです。

f:id:as310mp:20210123115232j:plain

見た目通り(?)、状態異常を広範囲に撃って来ます。

注意として、アクセサリで状態異常を防ごうとすると、状態異常攻撃を全くせず、ダメージでただ負ける、なんてことが。
効かない状態異常はちゃんと使いません。
実はそっちのほうが怖いです。
1発で倒せない場合は状態異常を優先してくれます。
敵のナイトのブレイクやシーフの盗むと同じ設定でしょうかね。


なので、起こす、治す、が良いです。


キュクレインは距離を取るので、ムーブを上げたり、チョコボを利用したりして、追い詰めれば後は倒すだけですね。

回復系、治療系が複数有り、全員まとめて状態異常にならないように動けば勝てるでしょう。


ムービーには力を入れていなかったのかな。
画像と文章です。

f:id:as310mp:20210123155058j:plain


チャプター3、偽らざる者、へ。
ここまで最短ルート、ランダムエンカウント無しで来ていますが、次回、ちょっとランダムエンカウントでデジェネレーターを踏みに行ってみます。


第9回につづく

www.as310mp.info